不動産屋に好印象を抱かせるには

不動産屋を訪れる際に気をつけたいことがあります。それは、言葉遣いと服装です。不動産屋も借り手を選びます。礼儀を持って接することを心がけましょう。タメ口で話すのはタブーです。どれだけ相手が気さくな人であっても、敬語で話すことを絶対としましょう。また、清潔感が感じられない服装では冷やかしと思われるでしょう。部屋を貸してもきれいに住んでくれないのではないかと言う懸念を抱かせることにもなります。スーツでないといけないと言うわけではありません。しかし、スーツは好印象を抱かせる服装としてはナンバーワンです。スーツで行くのもひとつの方法でしょう。また、事前に来店の予約を入れた場合は、当たり前ですが絶対に遅刻してはいけません。時間にルーズな人は、家賃を滞納すると思われても仕方ありません。遅刻をしないことは社会人としての常識です。これが守れないようでは物件を借りる資格はないと言っても言いすぎではないでしょう。